Google+ Followers

2018年2月22日木曜日

レコード再開

今日は先日の大腸ファイバー検査の結果を聞きに病院へ。診察は1時間とかからないのだが、ほかの所用も一遍に片付けたいのと、ここのところ少々疲れ気味のこともあって1日お休みを頂いた。検査の結果は2個取ったポリープは良性とのことで一安心。ただ、来年も便潜血が陽性なら大腸ファイバーを受けてください、とのこと。

さて、所用をすべて済ませ帰宅したのは午後の2時。途中、病院近くの書店(戸田ブ(ックス))で中古LPを購入。小澤/ボストンのバルトークとレヴァイン/CSOのメンデ真夏の夜の夢抜粋。ジャケットのアートワークが秀逸。思わずジャケ買い。
久しぶりにケンウッドのプレーヤーを回した。
最初にかけたのはイッセルシュテット/WPh.のベートーヴェンの7番。いやあ、ぼけぼけの眠たい音。昨年の11月に配置を今の状態にして以来だから仕方のないこと。カートリッジもほぐれていないし、そういえば音楽を聴くのも4日振りくらいだった。それでも次第に聴ける音になって来る。
次にかけたのはドラティ/DETのペトルーシュカ。我が家のチェックLP筆頭。これですっかり目覚めた音になった。
小澤のバルトークは真面目か?というくらいキッチリした音楽。整然とした演奏は小澤の真骨頂。リズムのエッジが立っていてボストン時代の小澤の最良の姿がそこにはあるかな。録音はやや平板ではあるものの不満ないレベルか。とにかく聴いていて楽しい。

ピョンチャンオリンピックも終盤に。ここまで日本はメダル総数で長野オリンピックを超えたという。
羽生選手も凄かったが七味はやっぱり小平選手に一番感動したかな。
そんな中、俳優の大杉漣さんが亡くなった。我が家では主にご飯の盛りに関連して「大杉(多すぎ)漣!」と大杉漣さんの名前が会話のなかに出てくることもあって残念なことと感じている。わが家はこうしたダジャレ、地口が好き。これからも我が家では「大杉(多すぎ)漣!」、使っていきます。
ご冥福をお祈りいたします。

この盤に限ってはCDよりLPの方が音が良いと断言できる

ジャケットでは弦チェレ・役人の順だが
実際はA面に役人、B面が弦チェレ。


2018年2月17日土曜日

ピョンチャンオリンピックを観てる2 バライチ

ピョンチャンオリンピックも折り返し。日本人選手にもメダルで少しほっとしていたところで羽生選手の金メダル。
昨日のショートプログラムの圧巻の演技には脱帽。4か月振りの復帰戦でのあの滑り。あの強メンタルはスゴイというよりも人外のもののようでかなりコワい。
今日のフリー、今か今かと録画していたアイスホッケーの試合を観ながら待っていたが、見事に寝落ち。リアルタイムでは観ていない。ここまで日本は金1 銀5 銅3
個人的には小平選手のスピードスケート500mに期待している。小平選手カワイイ、と思うオジサンは結構多いと思う。

羽生選手のショートの演目はショパンのバラード第1番。スケートヲタク(スケヲタ)の妻に云わせるとバライチ、というらしい。クラヲタは多分そんな略し方はしない、と思う。
普段、ショパンをほとんど聴かない七味。バラードも持っていないと思っていたが、ありました。ボレットの演奏。CD期の録音。この頃のボレットは円熟の極み。テクニック的にはすでに下り坂まっしぐらのような気もするが、ゆったりとしたテンポ。貫禄で聴かせる、みたいな演奏か。

London F32L-50550

2018年2月12日月曜日

ピョンチャンオリンピックを観てる

何だかんだ云っても結局観ちゃうピョンチャンオリンピック。
ここまで日本選手にメダルはまだないが、そんなものだろう。そもそもマスコミがメダル、メダルと煽りすぎだ。いかに肉体的にも精神的にも強靭なアスリートといっても若い子も多い。過度な期待がプレッシャーとなって押しつぶされることが無いように願うばかり。また、結果が悪いと手のひらを返したように叩くマスコミ。これもヒドく身勝手に過ぎると思う。
それにしても寒そうだ。気温が低い上に風も強い。体感温度的にはもっと寒いのだと思う。
時差がないのは良いが、放映権の関係で先日のスキージャンプが深夜ってどうなのよ?選手のコンディションまるで無視。観てたケド結局寝ちゃったよ。
もう一つ。北の美女応援団。やっぱり違和感がアリアリ、というか個人的にはかなりの気持ち悪さ。試合の運びと全然関係ない感じの応援は浮きまくってんだけど、判ってんのかな。どうなのさ。

当地はまたも大荒れの天気。昨日一昨日ですこし雪が溶けたからよかったが、結構積もっている。
よってBS放送はまたも受信障害で観れず。とくに角地にある我が家は吹溜り易い。これはやっぱりアンテナの位置を直さねばならんな。
それにしても今年は雪がよく降る。海水温の上昇が大雪の原因ではないかと思う。地球温暖化なんて言っているケド・・・、なんて話もよく聞くがやっぱり地球温暖化の影響も大きいのだろう。昨今の記録的な集中豪雨も根っこは一緒。一旦温まった海水温はそう簡単には下がらないだろうし。

明日からまた仕事だ。この調子では早起き確定か。スキージャンプ女子観たいけどどうなる?
最近の発見。ヘルメット女子が何気にカワイイ。

2018年2月11日日曜日

すっかり復調です WAM Quintette avec Clarinette K.581

午前中に市内の休日診療所で頂いた総合感冒薬を服用し、音楽を聴きながら転寝して過ごすと夕方には体調もすっかり戻った。PLという顆粒の薬は飲むと少し眠くなる効果がある。身体を休めて治すということなのだろう。普段なら眠くて仕事どころではなくなってしまうが、仕事をしなくてよい今日のようなときにはちょうど良い。

昨日は音楽など聴けたもんではなかったが、毛布に包まり暖かくしてモーツァルトのクラ五重奏なんぞを子守歌にウトウトするなんてのはとても心地よかった。うどんばかりだった夕食はすっかり普段モードに。ウィスキーを少しだけ舐めて身体もポカポカに。
ウォルフガング・メイヤーのクラリネット、モザイク弦楽四重奏団の演奏。この曲は多分、このディスクしか持っていないので演奏の良し悪しは分からないけれどバセットクラリネットのややほの暗くもふんわりとした響きとピリオドアプローチの弦楽四重奏の清澄な響きが何とも言えず転寝には最適、ではあった。
持っているこのCDはnaïveのレーベルカタログ付きのもの。一昔前は各社カタログを作成し頒布もしていたが、今ではほとんどなくなってしまった。メジャーレーベルよりもマイナーレーベルのものの方が紙質も良く豪華だった。シャンドスやBISは大判で画集のようだった。今はディスクにくっつけるのが主流らしく、その分ディスクもお安くなっていることが多い。

今日は終日の荒れ模様。さっきから雷が鳴っている。今しがたは我が家のすぐ近くの電波塔の避雷針に落ちた。物凄い音と揺れだった。また大雪になるのだけはご勘弁願いたい。

naïve V5059

2006年のカタログ付き




具合悪し・・・

相変わらずの寒さの3連休。
土曜日、起きてみると頭痛がするし何だか身体の節々がエラク痛い。微熱もある様子。こりゃぁ、インフルに罹ったか?A型はともかく、B型はあまり熱も上がらないという。その日一日様子をみて体調が変わらなければ休日診療所に行こうと決めた(あんまり早くに行っても検査でインフル陽性とでないこともある)。
で、さっき行ってきた。案の定のエライ混みよう。殺伐とした空気。ジッと名前が呼ばれるのを皆が待っている。
検査の結果はインフル陰性。ホッとした。PL顆粒という総合感冒薬を頂いて帰宅。
インフルと思って昨日来寝ていた時は段々と具合も悪くなるような気もしていたが、陰性と結果を知ると、何だか身体症状も軽くなってくるから不思議。
まあ、こんな風に体調が良くない時はどんなに音楽を聴いても気持が入っていかないもの。
それでも床に入っていても寝すぎて身体も痛くなってきたことだし、少し起きて音楽を鳴らしてみようか。

2018年2月6日火曜日

どうなるフォールズ どうすんのさ、イーグルス

さて、一夜明けてもSBの興奮醒めやらぬ七味。例年、この興奮はなかなか醒めない。
今朝も70センチほどの積雪。もうウンザリ。しかしSBの興奮を持って乗り切ってみせるぜ。

昨日の深夜に再放送されたSBの中継も雪によるアンテナ受信障害で最後の30分ほどしか録画されていなかった。しかし生放送では観ることができなかった4Q最終盤のプレイがやっと観れた。
41対33というスコアはしかし、薄氷を踏むような勝利だった。最後、時計が0秒になるまでのギリギリの攻防には本当に痺れた。負けたペイトリオッツではあるがやっぱり凄いチームだと改めて思ったし、少しだけ好きになった。

優勝したイーグルスのQBニック・フォールズがスーパーボウルMVPに輝いた。ネットでそのニュースに触れた時は涙が止まらなかった。
というのも彼は数年前まで、イーグルスのQBだった。この時、見事なパスコントロールを目にしてこのQBが好きになった。怪我をしてチームを去ったあと、他チームを転々とし、再びイーグルスの控えQBに。以前よりも落ち着きが増し、リーダーシップもついて一回り大きくなったように感じた。そして見事SB優勝。そしてMVP。これが喜ばずにいられようか。

SBが終わって、NFLはシーズン終了、とともに来季に向けて始動となる。
ここで気になるのはフォールズの去就である。
怪我でシーズン終盤を棒に振ってしまったが、イーグルスにはカーソン・ウェンツという絶対的なエースQBがいる。フォールズはそのウェンツの控えQB。
しかしですよ、イーグルスをSB優勝に導き、MVPを獲得したフォールズ。イーグルスはそのフォールズをどうするのだろう?また放出するのか?
日本のプロ野球でいえば、日本シリーズ優勝に貢献した沢村賞投手をトレードするに等しいこと。

スーパーボウルMVPといってもイーグルスではやっぱり控えQB。それでもQBとしての実力を証明し、その価値は高まった。フォールズを欲しいと思うチームもいくつかあるだろう。
ここはやっぱりトレードだろうなあ。その方がチームにもフォールズにもメリットがあるし。
以前フォールズがいたころHCだったアンディ・リードがいるKC(カンザス・シティ)チーフスあたりが獲ってくれないかなー。
リードの戦術は熟知しているはずだし、トレードで出されたアレックス・スミスとタイプも似ているし。きっとマッチすると思うのだが・・・。
そうなってくれれば七味はホント嬉しい。
どうなるフォールズ?

2018年2月5日月曜日

第52回SBはフィラデルフィアが制覇!

う~ん、凄かった!
41-33。両チーム合わせた総獲得ヤードが1000ヤード超えというノーガードの殴り合いみたいな試合。最後はここまでディフェンス力で勝ち上がってきたイーグルスがペイトリオッツからようやくファンブルを奪って勝負あり。
とはいうものの、最後の3分ほどはBSアンテナの受信不良で全くテレビ映らず。イーグルス勝利の瞬間はリアルタイムでは見れず仕舞いで、さっきようやくNFLジャパンの動画で観れた。
この時期のBSはコレがあるからツライ。NHKさん、サブチャンネルで結構ですので地上波で放送してくれないか。

午後からは警察署に先日更新した免許証を取りに。それにしても凄い雪。幹線道路も圧雪でガタガタ。除雪が追い付いていない。こりゃ、明日も早起き確定だな。