Google+ Followers

2018年1月14日日曜日

雪降り止みて JB Sym.3 Böhm / WPh.

雪も止んだ。この休日は雪かき、という方も多かろう。
七味は肩と腰がウィーク・ポイントが故、できるだけ雪は掻かず、散らす・踏むという形で済ませた(笑)。先週、雪を踏みしめていると長靴の中がやけに冷たい。浸みている。家に帰って長靴を仔細に観察すると、踵の部分が割れていた。ここから雪が浸みていたようだ。それで今日、長靴を買ってきた。最近の長靴はとても軽い。驚くほど軽い。以前のゴムの塊を引きずる様な感じは全くない。それに履きやすくて脱ぎやすい。あんまり靴の中で足が踊ると(といってもワルツでもポルカでもなく)靴下が段々と脱げてしまうが、歩く際の足の動きにフィットするように工夫されていて、足があんまり踊らないようになっていた。

越中富山さんのブログにコメントしたところ、高校生の頃、ベーム/ウィーンPO.のブラームスの交響曲全集をよく聴いていた、と返しのコメントにされていた。
七味も全集は持ってなかったけれど、ベーム/ウィーンPO.の交響曲第3番をよく聴いていたのを思い出した。
修学旅行で京都に行った時、記憶は定かではないが十字屋で買ったのではないかと思う。多分3000円くらいしたと思う。4曲ある交響曲の中でもダントツ地味な3番。あの頃そんなに3番が好きだったのか?よく覚えていない。でも好きだったのだろう。

高校生のころのオーディオ機器は貧弱もいいところで、SONYのラジカセに父の4chステレオの使っていなかったリアスピーカーを繋げて、ソースは専らエアチェックとLPからダビングしたカセットテープだった。
我が家にCDプレーヤーが来たのは高校1年生の時。これもSONYのシステムコンポの中の1台。でもそれは姉の部屋にあったので、テープにダビングして繰り返し聴いた。
このCDプレーヤー、型番は忘れてしまったが、トレイには3点支持でディスクを載せるのだが、この3点支持の先端のゴムがどうしたわけかディスクを擦ってしまいディスクにキズがついてしまうようになった。ディスクが上手く持ち上がらなくなったのだろう。ご存知のように、CDは円周上のキズには弱い。キズの入ったCDは再生すると”タッタッタッ…”とまるで誰かが走っているようなノイズが乗るようになってしまった。ベームのこのCDは幸いキズはついていない。

さて、久しぶりに聴くベームのブラームスはやっぱりいい。3番というと映画にも使われた第3楽章が有名だと思うが、七味は断然終楽章が好き。あのウネウネ・ウジウジと連なるメロディ。ダンダンッと見得を切るようなリズム。ベーム/WPh.の演奏は歌謡性に富み決まるところがしっかりと決まっている。このあたり劇場叩き上げのベームらしい演奏だと思う。
あの頃の貧弱なシステムで聴いても、その辺りが好きだったのだと思うし、今聴いてもやっぱりいいなあ~、好きだなあ~。

DG 3111-13



2018年1月12日金曜日

大雪だ!

それにしてもよく降った。
今朝はとっても静かだった。もしや?と思い、起き抜けに窓の外を見ると一面の真っ白け。雪国新潟でも一晩でこれだけの積雪は珍しい。風もなくしんしんと降り積もったようだ。
一晩でおよそ30㎝。我が家はそれでも海沿いなので少ない方。職場のある上越高田は45㎝も積もっていた。昼すぎがピークと天気予報では言っていたが、結局1日中降り続き、仕事帰りにはクルマの上には30㎝の積雪が。帰り路は大渋滞。除雪が追い付かず道路は圧雪でガタガタ。普段なら30分で帰り着くところが1時間20分もかかってもうヘトヘト。

それでも、この状況はオーディオ的には待ってましたとばかりにウレシイ。なんと言っても静か。屋根に降り積もった雪がいい塩梅に吸音・遮音効果を持っているせいでバックグラウンドノイズのレベルがグッと下がるからだ。外からの騒音も入ってこないし部屋の音も外に漏れにくい。
雪国オーディオあるある。早く言いたい~。
割と冷え込んだ故、それでも雪の粒が小さく、これくらいの積雪で済んだが、もう少し気温が高ければいわゆる牡丹雪になっただろう。明日は今日以上に冷え込むらしい。予報では-6°と出ている。
水道管、凍らねばいいのだが。

カマキリは積雪量を予知して卵を産みつけるというが、この夏、妻の職場の2階の窓に卵を産み付けたという。どんだけ降るんだか?
それにしてもカマキリの積雪量予知の能力、一体どんな方法で予知するんだろか?ギモンだ。

13日、Kazuさんと一緒に富山のうな君のところに行く感じで話が進んでいたが、Kazuさんが27日のほうが都合が良いというコトで27日に変更になった。
Kazuさん、それ予知能力でしょう?

今朝6時頃 我が家の2階から撮影
奥に見えるのは国道除雪ステーション。鉄塔の上には
避雷針があり、そこに雷が落ちる。



2018年1月7日日曜日

Bosch Zamo レーザー距離計

この連休、妻と娘は東京に遊びに出掛けてしまって、一人気ままな生活。気ままというより怠惰な生活か。
昨日は妻らを駅まで送りがてら大型ホームセンターに。そこで前から欲しかったボッシュのレーザー距離計を購入。
我が家のシステムの音のピントがどうも甘いように思えていたことに加えて、以前左右のSPで出音の音量に差があったこともあって、随分気になっていた。これ、ある方のHPを見ていて欲しくなった。これでSPとリスニングポイントの距離を測定されていた。
夕ご飯を待たずに晩酌。独りだとついつい飲みすぎてしまう。そのまま床に入って撮り溜めたNFL中継を2本観て就寝。来週からプレーオフ中継(録画)が立て続けにあるので、この連休中に観終わっておきたい。

今日こそ測定しなければ。
床の板目を目印にメジャーを使って左右のスピーカーとリスニングポイントまでの距離を合わせてはいるが、実際どうなのだろう。結構な誤差がありそう。そこをも少しシビアに合わせたいと常々思っていた。
で、測定したところ…。右スピーカーからリスニングポイントの椅子の背もたれまでは約2.849m。284.9㎝。左はというと約2.873m。287.4㎝。約2.4㎝ほどの誤差があることに。
これ、結構な誤差ですやん。波長の短い高い周波数帯域では節と腹が逆転してしまうことに。
ということで、右スピーカーを左に揃えてみると、心なしかクリアな音に。まあリスニングチェア自体が固定されているわけではないし、スピーカーの内振りの角度もそうだけど、上下角なども一応水平はとってあるが正確なところがわからないこともあって測定そのものも厳密にはできないのが現状。そもそも部屋がちゃんと四角なのか?ということで結構適当なところがありますからプラセボかもです。それでも測定して距離を揃えることの安心感が大きいのかもしれません。

このレーザー距離計は金属製のメジャーと違って誤って機器にキズを付ける心配がないのが良いです。以前、805を使っていた時、うっかりツィーターの振動板に障って少しキズを付けてしまった経験からすると、非接触なところが安心して使えます。

BOSCH Zamo
価格は5000円ほど

右スピーカーとリスニングチェアとの間の距離を測定中
チェアの背もたれにレーザーの光点が見える




2018年1月3日水曜日

Munch /BSO Wagner Orch.music 悪魔の食べ物、それは餅

年末年始の5連休も残すところ本日のみ。なんて時間の過ぎるのは速いのだろう?
オーディオの方は相も変わらずEQの調整&調整。それでもなんとか聴ける音になっては来た。帯域間のバランスはおよそ良さそうな感触。今は低音の量感と中音域のヴォリュームの微調整に頭が痛い。
そんな中、聴いていると音がフラフラ揺れる感じがしていた。昨年末、うな君のアドバイスを入れてスピーカーの位置を結構後ろに下げたが、スピーカーを下げる以前に測定したデータをもとにしていたせいだろう。そこで思い切って、再度の測定・フラット補正を行った。
で、結果は上々吉。
特に160Hzの大きな左右差が解消したのは大きい。以前のカーヴと比べるとかなりの周波数で左右のCh.のヴォリュームが逆転している。この問題が解消しただけでも以前に比べて音がビシリと揃うようになった。

さて、昨年の秋に買ったまま、あまり聴いていなかったCDにミュンシュのロマン派BOXと後期ロマン派BOXがある。
今日はその中からワーグナーを。七味はワーグナーの熱心な聴き手ではない。ワーグナーのCDもそれほど持っていない。普段はトスカニーニを聴くことが多い。どちらかというとあっさりした演奏を好む。ま、トスカニーニの演奏があっさりしているかどうかは置いておく。
ミュンシュのワーグナーはどちらかと言えば濃厚な演奏に入るのか?
晩年はパリ管の初代音楽監督となったり、フランス物の録音を多数残したり(しかもどれもが名演といって差し支えない)、アメリカのオケのなかでもフランス的といわれたボストン響の音楽監督だったりしたこともあってか、フランス人かと思いきや、ドイツ系アルザス人(wikiによる)。ゲヴァントハウス管でフルトヴェングラーやワルターの棒の下コンサートマスターとしてバイオリンを弾いていた。音楽的素養はドイツ文化圏で涵養されたと言ってよい音楽家。そんなことが影響してか、ミュンシュの音楽は結構ドッシリと重さを持つ。ただ、あまり細かいところや縦の線を合わせることに拘った感じはないし、構成感よりは歌謡性に重きが置かれているところなんかは、フルトヴェングラーとワルターのハイブリッド指揮者、といえるのかも??

さてさて、低糖質ダイエット(0ではなく低が重要)中の七味にとっておせちと餅は敵、悪魔?の食べ物である。とはいうものの、食べないわけではない。だって餅大好きだし。で食べてみて思った。おせちはもんげぇ甘い。砂糖は贅沢品だったというのがよく判る料理。
餅も言うまでもなく美味い。しかも今年は知り合いから頂いたちょっといい餅。これが驚くほど滑らかで程よい弾力でよく伸び~る。もち米の甘味もあって幾らでも食べられるくらい。
ダイエットの決心がかなり揺さぶられらたものの、そこはグっと堪えて、おせちはカズノコとハム類、煮物もこんにゃくと根曲り筍を少しだけ。餅も三箇日で3個だけ。お雑煮の汁(汁といっても大根・ニンジン・ぜんまい・こんにゃく・鶏肉・ちくわを刻んでいれた具沢山)だけをおかわりして過ごした次第。
磯辺餅なんかも食べたいけれど要注意。焼いた餅に砂糖醤油は糖質on糖質。美味しいけどね~。

餅といえば、相変わらず咽喉に詰まらせる事故が多い。お年寄りに多いが、これは歯が無かったり、噛む力が弱く、十分に咀嚼できないまま飲み込んでしまうからだ。
咽喉に詰まったときは掃除機で吸い出すと良いと言われたこともあったが、まずは背中を叩くか、後ろから腕をまわしてみぞおちのところで両手を組み、グッと胃部を圧迫すると良い。
掃除機は取りに行き、セッティングするまでの時間が掛かりすぎるのでダメ。まずは叩く。複数の人がいれば叩いている間に掃除機と救急を要請すると良いのだが。

餅は結構危険、お年寄りキラーな食べ物だが、やっぱり餅を喰わなきゃ正月は始まらん、ていう年寄りは多いもんなぁ。しかたないのか。


以前の測定・補正結果
160Hzでの左右差が大きいほか周波数間でのバラツキが大きい

今回の測定・補正結果
以前に比べて160Hzの左右差は小さくなり、周波数間のバラツキも小さくなった





2018年1月2日火曜日

NFLはプレーオフへ

NFLはいよいよプレーオフへ突入。
我らがシアトルは惜しくもプレーオフ進出ならず。AFCは南地区のジャガーズが10年振りの地区優勝を果たしたのをはじめとして、タイタンズ、ビルズといった近年低迷していたチームが進出となった。NFCは南地区から3チーム(セインツ・パンサーズ・ファルコンズ)が進出した。戦力が拮抗しているがゆえ、ホシを食い合う結果となりプレーオフでのアドバンテージは低くなってしまった。

さて、SB予想だが、AFCはスティーラーズと言いたいが、ホームアドバンテージのあるペイトリオッツか? 厳しい戦いになるがジャガーズ、チーフスに期待。特にジャガーズ。大番狂わせはあるか??
NFCはバイキングス。なんといっても今年のSBはミネソタ開催。SBのジンクス(開催地ホームのチームは優勝できない)が破られるのか期待したい。NFCは図抜けて強いチームがなくどこがカンファレンス優勝してもおかしくない。

AFC

プレーオフ進出決定:
◆ピッツバーグ・スティーラーズ(AFC北地区優勝、1回戦免除)
◆ニューイングランド・ペイトリオッツ(AFC東地区優勝、1回戦免除、ホームアドバンテージ)
◆ジャガーズ(AFC南地区優勝)
◆カンザスシティ・チーフス(AFC西地区優勝)
◆テネシー・タイタンズ(ワイルドカード第5シード)
◆バッファロー・ビルズ(ワイルドカード第6シード)

NFC

プレーオフ進出決定:
◆フィラデルフィア・イーグルス(NFC東地区優勝、1回戦免除、ホームアドバンテージ)
◆ミネソタ・バイキングス(NFC北地区優勝、1回戦免除)
◆ロサンゼルス・ラムズ(NFC西地区優勝)
◆ニューオーリンズ・セインツ(NFC南地区優勝)
◆カロライナ・パンサーズ(ワイルドカード第5シード)
◆アトランタ・ファルコンズ(ワイルドカード第6シード)

2018年1月1日月曜日

明けましておめでとうございます。年またぎは「我が祖国」で 

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

大晦日は日中はこちらには珍しく穏やかな天気。例年、大荒れとまでいかなくとも結構な荒れ模様なんだけども…。そんなわけで2年参りなんてずうっとしてないな。
元日の今日は雨模様。

さて、恒例の年またぎの音楽、今年は我が祖国を選択。30日、戸田ブに寄って職場で使う卓上カレンダー(初めて買ったが結構イイお値段)と合わせて、今年の年またぎにちょうどいいわい、と思って中古のCDを1枚買い求めた、までは良いのだが、大晦日になって、はて?何のCDを買ったのか思い出せずにいた。買ったCDを、他のCDを片付けたときに一緒にBOXにしまいこんでしまったようだ。
さっきになって、やっと思い出した。クーベリックの我が祖国だった!

クーベリックの”我が祖国”はチェコ・フィルとアルトゥス盤は持っていて時折取り出して聴いている。ボストン響盤も以前エロクァンス盤で持っていたのだが、手放してしまった。
録音は71年ということもあって、なんだかちょっと平板で硬い感じがする。でも、とっても素晴らしい演奏だった。さすがはクーベリック。5回もこの曲を録音するだけのことはある。曲のすべてが手の内に入った堂々たる演奏。

2018年、どうなるのか?オーディオは何とかモノラル再生のシステムを構築したい。個人的には今続けているダイエットを成功させたい。目標はマイナス5㎏。
禁煙は、しない。絶対しない。

2017年12月30日土曜日

今日だけはゆっくりと Toscanini LvB 9

今朝、母の入所しているグループホームに様子を見に行ってきた。
母は至って元気な様子で一安心。昨夜に比べて格段に表情は穏やか。受け答えもいつも以上にしっかりとしていた。これならこのお休み中は安心してホームにお任せしても良さそう。

オーディオの方は、何とかかんとか聴ける音になった模様。今週はほとんど音楽は聴かなかった。水曜の夜中だったかに断続的に停電が起きたこともあって、機器の保護のために普段は入れっぱなしの電源を切って以来、全くのNo Music。音楽は通勤中のクルマの中で専らラジオを聴いた。
朝、いつもならクラシックカフェやきらクラ!再放送の時間に、トスカニーニの特集をやっていたのを面白く聴いた。ゲストの三ツ橋敬子さんによる、リハーサルやその本番の演奏会のライブ録音を聴いての解説は指揮者の視点バッチリで分かりやすかった。

さて、年末の第九、今年はトスカニーニをチョイス。第九を聴くのは本当に久しぶり。第1楽章なんて速い速い。グイグイと何もかも巻き込んで進んでいく感じ。リズム・アクセントのエッジが立っていてしかも鋭い。全く弛緩しない。現在のピリオドアプローチにも通じるものがあって面白く聴けた。
録音はモノラルながら聴きやすい。トスカニーニのCD復刻は音が痩せてしまって良くない?らしいがLPを聴いたことがあるわけではないので音質の良し悪しは判断できない。聴いている分には十分な音質、と言うに留める。

年またぎは何を聴こうかと思案中。メサイア、マタイ、天路歴程と来て次が思い浮かばない…。

今年のブログ更新はこれにて終了です。今年も家族一同なんとか無事に過ごすことができました。ありがとうございました。最大のニュースは、やっぱり母の入院・手術からの復活でしょうか。母には一年でも二年でも長生きして欲しいと願っています。

ブログの更新はこの記事を入れて118本になるでしょうか。これもひとえに読んでくださる皆様のおかげでございます。
ではまた来年。皆様良いお年をお過ごしくださいませ。