Google+ Followers

2017年12月16日土曜日

気になるオーディオ

テレビや映画を見ていると登場人物の部屋にあるオーディオについ目が行ってしまうことがある。

ネプチューンの原田泰造主演の映画”ミッドナイトバス”新潟県内がロケ地というコトもあって県内で先行上映されるようだ。
ローカルの情報番組で予告編が流れた。その時映ったオーディオ装置。結構なもののよう。スピーカーは何だろう? CDはエソテリックのP-0が映っているようだ。1:15のあたり。
判る方、教えてください。






SW 最後のジェダイ と オーディオ三銃士

12月に入ってめっきり冷え込むなか、勤務はカレンダー通りの七味。終業後の研修など夜も忙しい。暇を見つけては接骨院通いをしたいのだが、なかなか時間が取れないでいる。今週の木曜日も研修会。出来ればドロンしたいところだったが上司から、報告のあとのディスカッションで意見を言ってもらうつもりだからと告げられ仕方なく出席。そのディスカッションもその前の報告が押しに押し割愛されて、いきなり七味君、どうでしょう?と来たもんだ。どうでしょうって言われてもさ、ディスカッションを踏まえての意見を言うつもりであったから、適当にお茶を濁しての現状報告と相成った。それでも他社との顔繋ぎが出来ただけでもありがたい。
昨日は”SW 最後のジェダイ”の公開初日。前作”フォースの覚醒”も初日に観に行った。”最後のジェダイ”は正直期待もしていなかったが、七味的にはかなりガッカリする内容だった。これから観に行く、という方は七味の感想など戯言と思っていただきたい。
行き当たりばったりでご都合主義的な話の展開。それに場面の終わりにチョイチョイ入る笑いを取る小ネタにドッチラケ。正邪両方ともにグダグダだし。お金を払ってケツの痛さを我慢してまで観るに値する映画ではなかった。
最後にルーカスフィルムのロゴが映し出されたが、ちょっと悲しく腹が立った。もうディズニーのロゴで良いんじゃね?もうディズニー映画でいいよ。ルーカスの名前使うなよ。

ちょっとした落胆お怒りモードのなか、三銃士の会。先についたうな君に助言を頂きながらSPセッティングとEQを微調整。
うな君はホントに頼りになります。おかげでどうにかこうにか聴ける音に。
そこにKazuさんも加わって、ネットラジオやSACDとCDの聴き比べなど、いつもの楽しい会となった。
音の方はホント恥ずかしい限りで、お二人には申し訳なかったな。次回までにはもう少し良くしたいと思います。
気になったディスク。うな君持参のクルレンツィスの悲愴のCD。なんでもアカデミー賞らしい。おのディスク、ダイナミックレンジがあまりにも広い。ボリュウム調整が難しいという。ボリュウムを上げ過ぎると最強音ではかなり破壊的な音量らしいく、下げ過ぎると今度は最弱音が全く聴こえない。それに弓の発する雑音が強調されていたり低音過多な録音の傾向。これは果たして優秀録音と呼べるのか?少々ギモンではある。演奏は細かいところまで神経が行き届いているし、なかなかに新鮮味のある演奏だったのに・・・。そこまでする必要ないんじゃないかなあ?

お二人が帰られてからも少し調整しています。

2017年12月9日土曜日

床の強度に問題あり

来週来られるKazuさんをお迎えするべく、音の調整に余念のない七味。
いろいろとEQのカーヴを作ってみたが今一つしっくりこない状態が続いたが先週になって結局、フラットになるように補正、測定した元となるEQカーヴが一番良いという結論に達した。
元カーヴが良いといっても、ちょっとドギツイ印象の音なので、少し1000Hz以上を削ってピーキーな周波数はある程度カット。今のセッティングではスピーカー後方の壁までは2mほどもあるせいか低域が足りないらしく、フラットになるように補正したカーヴでは低域がグィっと持ち上がっている。
これを下げてしまうと高音域に寄った感じでキンキンと腰高い感じになってしまうので、低域はそのまま生かしつつ帯域間のバランスを取ろうとしている最中。

が、50~100Hz前後のどこかの周波数で床が盛大に共振している。今はこれと格闘中。スィ―プ音などを使って調べているものの、まだ判明していない。
以前、壁の近くにスピーカーを設置していた時は左右両スピーカーの間の床ももちろん壁近くな訳で、ある程度強度があったが、今の配置ではスピーカーの間はちょうど部屋の真ん中あたり。
そりゃあ、盛大に鳴るわけだ。
何とか共振している周波数を見つけて叩きたい。あと一週間、間に合うか?ちょっとスリリング?

2017年12月7日木曜日

祝‼ -0.6pt.

実は七味、糖尿病なんである。4週間ごとにお医者さんのところに行って、採血と尿検査されている。今日はその受診日だった。で、2か月前から今流行りの低糖質ダイエットを実践中。
ご存知の方もあろうが糖尿病の指標は主にHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)、血糖値、体重の3つ。
これまで、カロリー制限でやってきたもののA1cの数値は徐々に上がっていき、この夏は6.9という値。お医者さまからも「いけませんなぁ~」と言われる始末。とは言われてもなかなか下げられず途方に暮れていた。
で、低糖質ダイエット。ダイエットといっても、減らすのは糖質だけ。ご飯やパン。それに甘い物だけ。
朝食の5枚切りのトーストを半分にし、夕飯のご飯は軽く一膳。昼食はカップラーメンが多いが、これはそのまま。
おかずの類もそのまま、というかご飯を減らした分増えたかも。油もお肉も減らすどころか逆に増えたし、お酒も特段控えることもなく、毎晩350mlの糖質70%オフのビールをバタピーをツマミにグビグビと。外食も到ってそれまでと変わらず。ただ、回転ずしと食べ放題だけはパスした。果物もほとんど食べなかったし、今まで飲んでいた野菜ジュースはトマトジュースがベースの野菜ジュースに変えた。糖質を抜く、という感じではなく無理のない範囲で減らす、そんな感じ。
運動は特になにも。

結果、先月6.9だったA1cの値が今月6.3に。マイナス0.6ポイントの大幅ダウン。体重も2か月で2.2kgほど減った。
これは大成果。今まで上がることはあっても落ちることのなかったA1cが落ちたのは嬉しい限り。
今までは7.0とならないように、というのが目標となっていたが、これからは6.0の血糖正常化を目標にできるところまできた。
低糖質ダイエットを2か月間やってみたが、食べる量全体はそれほど減っていないし、大好きなお酒やお肉も気にせず飲み食いできて特段、苦しい感じはなかった。


これからの時期は忘年会にクリスマス、そしてお正月と飲んだり食べたりする機会が増える。お酒は良いが、飲みの〆の炭水化物とクリスマスケーキとお餅は食べないようにしないとな。


糖尿病治療ガイド2016-2017(抜粋)[7]
日本糖尿病学会のHPから

2017年12月2日土曜日

低音がブーストされたと思しきディスク

今日は一日調整三昧。
幾つかのCDをとっかえひっかえしながらEQのホイールをクルクルと回していた。
このところ調整に使っているのは主に3枚のCD。
一つはハイティンクのショスタコーヴィチの6&12番、デッカ録音。バイロン・ジャニスのピアノによるプロコの3番、マーキュリー。そしてフィリップスのチャイコ三大バレエ音楽の抜粋盤。くるみ割りだけドラティのマーキュリー録音であとはフィリップス録音陣によるモントゥの白鳥とフィストゥラーリの眠りの森の美女ですべてロンドン響による演奏。録音データは詳しい記載がなく不明。今日もこの3枚を中心に調整していた。
EQを調整していてデッカのショスタコとマーキュリーのプロコは帯域間のバランス上手く取れて良く鳴るのにフィリップスのチャイコになると低域過多で上手くバランスが取れないことに気が付いた。
この抜粋盤に収められた各曲の元音源のCDを持っていないので確認はできないけれど多分低域をブーストしているのではないかと思う。
というのも、このCDは”A Touch of Classic”というクラシック音楽入門的シリーズの1枚。しっかりとしたオーディオセッティング下での聴取ではなくて、ラジカセとか簡易な機器での聴取を想定しているのではないか。
そのためにリマスタリングのときに低域をブーストしたのではないかと思う。
だからといって音が悪い、ということはなくてかなり優秀な録音の部類に入ると思う。さらにドラティのくるみ割りについていえば、後年コンセルトヘボウと再録音しているにも関わらず3曲ともロンドン響の演奏で統一するなど企画にこだわりさえ感じる。

Philips 422 265-2



音の調整は続くよ何処までも FFTwave



今週はユウウツな一週間だった。先週は金曜日に母の入所しているグループホームの家族交流会で有休を取ったため4連休だったことは前々回のブログに書いたとおり。
ただでさえアタマもカラダも重い月曜日。朝イチから午後の会議に必要な文書の作成を命じられ午前の通常業務が吹っ飛んだ。その後も次々と新しい業務が入り慌ただしいことこの上ナシ。

オーディオの方も状況は最悪で、凡その方向が見えたかに思えたEQの調整は恒例の泥沼に嵌った。Kazuさんから12月中に我が家の音を聴きたいという申し出があり、アワアワと狼狽えてしまった七味。これはマズイと焦った結果がこのザマである。
どうにも全体のバランスがよろしくなく、ピーキーな周波数が気になり出してしまうと、もうイケない。カーヴを弄っているうちに何が何だかワケが分からなくなった。しまいにはスピーカーの位置を動かすという禁じ手をやっちまった。疲れていたり、気分がクサクサしている時にEQを弄るとロクなことはない。すっかり行き詰った七味。そんな時、突然のブレークスルーが。
きっかけは書店で立ち読みしたオントモムック”オーディオ「お助け」ハンドブック【コンポのトラブル対処編】。そこに周波数解析のスマホアプリの記述があった。
これは使えそう。
で、早速に.NSoftware社のFFTwaveというフリーソフトアプリをダウンロード。使ってみるとこれが思ってた以上に良い。リスニングポイントに居ながら手元のスマホで問題のある周波数が分かるところがとっても便利。
だいぶピーキーさが解消された感じ。帯域間のバランスももう少し詰めていく必要はあるが、それでも随分と落ち着いた。
これで少しは音楽が聴けるだろうか?

画像はE.N SoftwareのHPより拝借

 

2017年11月26日日曜日

こんな時、焦りますよね

4連休も今日で終わり。
オーディオの方は凡その音が決まってきた感じだが、今一つしっくりこないというか腑に落ちない響きに正直戸惑っている。EQによる調整をしていると段々と疑心暗鬼になってきてドツボに嵌るパターンはやっぱり健在。何度やってもいつものこのパターンはデフォルトなのか。

さて、最近ガソリンが高い。近所のスタンドではレギュラーが133~134円/Lとなっている。県内の平均は137円くらいらしいからまだ良いのかもしれん。
クルマがないとどうにもならない田舎の者にとってはガソリンの高騰は困るなあ。年末年始はさらに上がるだろうし…。
10km/Lくらいいけば御の字の燃費の悪いクルマに乗っている七味。クルマは少しでも軽くしておきたい。長距離を行くのでなければタンクに半分くらい入っていればOK。なのでガソリンは現金で定額購入(2000円とか3000円とか)することが多い。
小心者の七味は「にせんえん」を「ごせんえん」と聴き間違えられて5000円分のガソリンを入れられたらどうしよう、などと心配することが多い。そんなことは起きた試しはないのだが。

が、そんなことが昨日、ついに起きた。
スタンドに入って、「レギュラー3000円分、現金で。あとワイパーのブレードの交換と灯油を下さい。」と従業員のニイチャンに告げ、指で3000円ね、と3本指を立てて示した。
多分、高校生のアルバイトなのかな。ワイパーの交換に結構手間取っているのを微笑ましく見ていたがふと給油機のメーターを見ると40L以上入っていてさらに上昇中。結局満タンに。
ニイチャンに「3000円ってお願いしたけど…」というと、アッと驚いた顔。こっちもチョット焦ったが、財布に余裕もあるので満タン分の支払いをしようと思っていた。でも告げられた請求額はレギュラー3000円分にワイパーの交換と灯油代で7000円ほど。
ココは有り難く請求額をそのまま支払った。

いざ、こういう状況になってもラッキー!とはあんまり喜べない。
まとめて注文したしたのがいけなかったなあ。慣れてないアルバイトさんのときは気を付けよう。