Google+ Followers

2017年5月5日金曜日

Aaron Copland   El Salon Mexico,Billy the Kid,Rodeo etc.

連休も今日を入れて残すところ3日。
午前中のうちに懸案だった車庫の大掃除を済ませた。ちゃんとやりましたよ。外で作業なんかしているとお隣さんからネギを沢山頂いたり、母が元気な頃にため込んで処分に困っていた農業用の緑色の棒を貰ってくれると、これまた別の近所の方が言ってくれたり…。有り難いことです。

東京初日に新宿のディスクユニオンから発送してもらった分はまだ届かないものの、御茶ノ水で買ったものが、洗濯物やお土産といっしょに宅急便で届いた。
午後はこの中からコープランドを。
今回、マーキュリー・リヴィングプレゼンスがメインの買い物となったが、もう一つコープランドの自作自演集を3セット買うことができた。いずれも800円ほど。現在出ているマスターズBOXのコープランド・コレクションよりも曲が多く、ほとんどのオーケストラ曲やコンチェルトが網羅されている。
コープランドのディスクはこれまでも色々と聴いてきたが、コープランド自身の棒による演奏はまた一味違ってスマートでモダンだ。お世辞にも上手い指揮とは言えないし演奏にキズもあるが、自分の曲を過不足なく演奏していて、一つのスタンダードと言ってよい。

録音は思っていたより良かった。曲によってもバラツキはあるけれど、それでも当時の水準以上は行ってるかな。いつもの(バーンスタインやセルなどの)CBS録音らしい目の粗い感じはない。結構低音域が伸びているのも意外。もしかしたら作曲者コープランド本人の意向が大きく反映されているのかも。残念なのが、オケ。といってもテクニックがどう、という話ではなく、イギリスのオケが使われているということ。アメリカのオケが使えなかったのは予算的に厳しかったか?ここはやっぱりアメリカのオケじゃないの?という気がしないでもない。ロケーションはウォルサムストウとEMIスタジオとある。ただ、イギリスでの録音がこの好録音の要因でもあるわけで・・・。

夕方には初日分のCDも届き、どれを聴こうか思案中。

明日はこれまた懸案の網戸の張り替えを予定。明日の予報は雨。片付いた車庫での作業になりそうだ。
音楽三昧といきたいところなれど、東京での臨時お小遣い分くらいは働かないとね。

Sony Classical SM3K 46559


上からOrchestral & Ballet Works1936-1948,
Early Orchestral Works 1922-1935,
Orchestral Works 1948-1971






4 件のコメント:

  1. 乙でした。
    しかし何故今コープランド?

    返信削除
  2. うな君 ご期待に沿えずすまんかったね。
    この連休はどうしてんの?
    コープランドはずーっと探していたんよ。
    ミルシテインとガスティネルの無伴奏も入手。それ以外は近代オケ物ばかりになったな。

    返信削除
  3. 楽しい連休ですね。活動的でうらやましいです。こちらは家でごそごそしています。

    返信削除
  4. Kazuさん こんにちは。
    先送りしていたことばかりで、やっと重い腰を上げた、そんな感じです。

    返信削除